JEMAI化学物質総合管理部門

ECHA_SDS1_1.jpg

 化学物質管理が国際的に進展し、SDSに関する法規も強化されるなど、「正しい」SDSを、迅速かつ確実に作成し、提供する必要性がますます高まっています。

 この度、JEMAIの職員である山本が翻訳・執筆 した、「ECHAによるSDS編纂ガイダンス」(Guidance on the compilation of safety data sheets Ver.4.0) が、株式会社情報機構から刊行されましたのでご案内いたします。

書籍版 / PDF(CD-ROM)版

https://johokiko.co.jp/publishing/BC210501.php

 

 欧州向けSDSを作成する企業の担当者の方々には、必須の参考書です。

 本書の購入者の方々には、読者専用Webサイト(PWでログイン)にて、本書に関わる参考情報(本書で引用されている文献のURLのPDFでの提供、関連の官報の全文翻訳等)が提供されます。

 ガイダンスの原文は、かなり難解な言い回しで記載されておりますので、是非、この日本語翻訳をご利用して頂きたいと思います。

 本ガイダンスは5年ぶりの改訂となりその改訂の概要は以下の通りです:

1.GHS 第6版及び第7 版への整合化

2.CLP 規則附属書ⅧによるUFI の記載

3.ナノマテリアル情報の記載

4.内分泌かく乱物質に関する記載

5.SDS 提供者の詳細情報の記載

6.その他の記載(REACH 規則附属書Ⅱの改訂により、CLP 規則に従って規定されている特別な濃度制限値、M-ファクター及び急性毒性推定値は、利用可能な場合、SDS に記載されなくてはならないことになり、ガイダンスもそれが反映されました。

JEMAIでは、山本をはじめ、SDS作成、各国法令対応の実務が豊富な専門家が、企業における実務担当者が直面する課題解決に向け、ご相談に対応していますので、お気軽にご連絡ください。

CATCHER 化学物質管理のための情報提供サービス ⇒詳しくはこちら

1. 速報!メールサービス  国内外の化学物質規制情報をいち早くお届けします →メールの例(タイトル)

2. お悩みメール相談    化学物質管理や法規制情報関するお悩みや課題に、山本など専門家がお答えします

3. 管理体制の健康診断   エンドユーザー側の視点から化学物質管理体制をチェックします
4. 各種割引

コンサルティング  ⇒詳しくはこちら

化学物質管理規制に関する国内外の情報を提供し、自社の対応や解釈について専門家判断を行います。

・海外法規制情報の更新・提供

・EU等RoHS関連の法令についての解釈

・化学物質管理対象物質の選定に関する考え方について

・SDS/GHSラベルに関する相談

・REACH等化学品登録に関する相談

・アーティクル中のSVHCに関する相談

・海外法規制対応における自社の製品に関する相談

セミナー ⇒詳しくはこちら

化学物質管理に関する法規制の解説から、管理の仕組み作り、エビデンスの管理、また社内、社外への実施状況の確認方法など幅広い内容のセミナーを開催しています

・製品に係る化学物質管理の法規制

・製品中化学物質管理体制の構築

・製品中化学物質情報の伝達

・事業所の化学物質管理に関する法規制

・担当者のためのSDS/GHSラベル作成の基礎