JEMAI.jpg

​ 法規制最新情報

主な法規制最新情報をお知らせします 
☆ 以下の情報は、CATCHER 会員様に配信した内容のタイトルになります。会員様には日本語訳を含む全文をお届けしています。

●2022年6月28日
2022年6月22日に欧州委員会から、ATP(技術的及び科学的進歩への適応化)によりCLP規則の附属書VI パート1 セクション1.1.3.1に注記を追加して修正する委員会委任規則草案が公表され、2022年7月20日までのコンサルテーションが開始されました。草案全文の仮和訳がCATCHERに掲載されています。

●2022年6月27日
2022年上期に、スイス化学品法のChemV及びORRChemが改正されました。ChemVでは、既存物質の定義の変更があり、従来の欧州既存商業化学物質インベントリー(EINECS)に収載されている物質から、REACH登録された物質(登録トン数帯内)に変更されました。化学品リスク軽減政令(ORRChem)が改正されて、ペルフルオロヘキサンスルホン酸(PFHxS)とその塩及びPFHxS関連物質が制限物質に追加されました。

●2022年6月20日
2022年6月10日に欧州委員会は、ナノマテリアルの定義の勧告の改訂版を公表しました。2011年の勧告2011/696/EU は、本改訂版の定義に置き換えられます。

●2022年6月14日
2022年6月8日にREACH附属書ⅩⅦ(Entry 63:鉛及びその化合物)を修正する委員会規則草案がWTO通報されて公表されました。現行のREACH附属書ⅩⅦのEntry 63に追加の免除規定が挿入されます。例 鉛酸蓄電池におけるPVCシリカ隔離板及び回収された硬質PVCを含むPVCアーティクル等。免除を受けるためには、回収されたPVC材料の由来が、独立した第三者による認証を受ける必要がある等。WTO通報の文書によると、今後60日間のコンサルテーションが行われて、本草案の採択は2022年第四四半期とされています。CATCHER速報に草案の全文仮和訳が掲載されていますのでご覧ください。

●2022年6月13日
・2022年6月10日にRoHS適用除外(9(a)-III追加)を定める委員会委任指令草案が欧州委員会から公表されて7月8日までのコンサルテーションが開始されました。

 

・2022年6月10日付で欧州化学品庁(ECHA)による第27次高懸念物質(SVHC)の認可候
補リスト(Candidate List)への追加が行われ、草案における1物質が新規に追加されました。第27次SVHCの草案については、2022年3月7日付けのCATCHER速報で報告していますが、草案の1物質がそのままSVHCに指定されました。今後、このCandidate Listへの収載によって、その物質自体、混合物中の又はアーティクル中のそれら物質に対しての義務が発生します。草案の全文仮和訳がCATCHER速報に掲載してあります。

●2022年6月6日
2022年6月3日にELV指令(2000/53/EC)の附属書Ⅱを修正する委員会委任指令草案が欧州委員会から公表され7月1日までのコンサルテーションが開始されました。この草案は附属書Ⅱのエントリー2(c)(i)、3及び5(b)の修正を提案しています。今回の草案は、改正草案箇所だけでなく、これまでの改正済みの適用除外項目や注記もまとめられた統合版の附属書となっていますので、改めてその内容をご確認ください。
草案の全文仮和訳がCATCHER速報に掲載してあります。


●2022年6月2日
2022年5月31日付で、シンガポール当局は環境保護管理法(EnvironmentalProtection Management Act)(EPMA) の別表表2(Second Schedule)を改正して、5物質を追加する改正規則を官報公布しました。施行予定日は2023年3月1日です。シンガポールの輸入業者、製造業者、販売業者は、対象の物質を含有する製品を輸出入、販売、保管、使用する場合には、事前に有害物質のライセンス/ 許可を申請することになります。

​●EUのプラスチック戦略

CATCHER
CATCHER

日本で一番早い速報を目指している、製品含有化学物質規制最新情報提供サービスです。 当センターで追跡している国内外の製品に関する化学物質規制情報で、官報などの発行に基づき2-3営業日以内に報告します。

press to zoom
化学物質管理セミナー
化学物質管理セミナー

“製品中の化学物質管理”や“事業所関連の化学物質管理”についてセミナーを開催しています。 法規制の解説から、管理の仕組み作り、エビデンスの管理、また社内、社外への実施状況の確認方法など、セミナーを通じて自社の取り組みを見直し、再確認してみませんか? ・・・・経験豊富な講師陣がわかりやすく解説、お客様のニーズに合った講義がきっと見つかります。 ・・・・現地開催(集合型)及びオンラインの2つをご用意しております。

press to zoom
コンサルティング
コンサルティング

個社特有の課題に対応します。その場で解決できるちょっとした質問、緊急の課題解決、継続的あるいは長期的な支援など、担当者と一緒に問題解決を図ります。

press to zoom
安衛法リスクアセスメント
安衛法リスクアセスメント

JEMAIは、誰でも実施できる「簡単で精度の高いリスクアセスメント」のソリューションを提供します

press to zoom
メールマガジン
メールマガジン

普段の業務で化学物質管理について疑問があるとき、お力になれるメルマガ・・・を目指しているメルマガです。 バックナンバーも充実しています。 目につく法規制、気になる審議会の情報、RoHSやchemSHERPAなどの特集記事、セミナーの案内などのお役立ち情報を無料で配信しています。

press to zoom
化学物質管理検定
化学物質管理検定

あなたの化学物質管理に関する知識を検定してみませんか? RoHS/REACH、RoHS/REACH(2)、事業所化学物質管理、事業所化学物質管理(2)、GHS/SDS、リスクアセスメントの検定を用意しています。

press to zoom
化学物質管理ミーティング
化学物質管理ミーティング

JEMAIは化学物質管理ミーティングに毎年参加しています。 2021年度の資料を公開中です。最新の化学物質管理の資料、無料セミナー等がご利用いただけます。

press to zoom
ECHAによるSDS編纂ガイダンス
ECHAによるSDS編纂ガイダンス

欧州向けSDSを作成する企業の担当者の方々には、必須の参考書です。  本書の購入者の方々には、読者専用Webサイト(PWでログイン)にて、本書に関わる参考情報(本書で引用されている文献のURLのPDFでの提供、関連の官報の全文翻訳等)が提供されます。  ガイダンスの原文は、かなり難解な言い回しで記載されておりますので、是非、この日本語翻訳をご利用して頂きたいと思います。

press to zoom
RoHSpromotionVer1.03

RoHSpromotionVer1.03

動画を再生