JEMAI.jpg

電池規則案に見るEUの環境戦略と個別法

【1.EU電池規則(案)の動き】
1.廃電池指令から電池規則へ 
「指令(EC) 2006/66を廃止し、規則(EU) 2019/1020を改正する電池および廃電池に関する欧州議会と理事会の規則」案(COM(2020) 798 final)(*1)が、2020年12月10日に発表されました。
対象は、「携帯型電池、自動車用電池、電気自動車用電池および産業用電池の形状、容積、重量、デザイン、材料構成、用途または目的を問わず、すべての電池に適用する。また、他の製品に組み込み組み込まれる、または他の製品に付属する電池」です。ただし、軍事目的製品などは適用外となります。
電池規則(案)の新たな義務として次項などがあります。
(i)電気自動車用電池、産業用電池、定置型電池エネルギー貯蔵システムや携帯型電池など、使用方法に関する規制が強化されています。(第1条)
(ii)有害物質含有規制は、水銀とカドミウムに加えて、REACH規則の制限物質が対象となります。(第6条)
CLP規則の分類と表示の物理的化学的危険性(爆発など)物質や健康有害性(急性毒性など)物質は有害性物質として広く定義されています。施行後に有害物質を特定して附属書Iを修正し代替化を要求します。(第6条)(第2条)
(iii)活性物質(電気エネルギーを生成する化学反応物質:Active Materials)のコバルト、鉛、リチウム、ニッケルを含む2kWhを超える電池は、リサイクル由来の活性物質を使用し、技術文書(Technical Documentation)で説明しなくてはなりません。(第8条)
(iv)拡大生産者責任が規定され、回収スキームを利用する場合の費用負担が要求されます。(第47条)
(v)CEマーキングが導入されます。有害物質規制や耐久性などはモジュールA(内部生産管理)ですが、2kWhを超える電池には、カーボンフットプリントやリサイクル材の含有率などはNB(届出機関)の監督下による製品試験が要求されるモジュールA1が適用されます。(附属書VIII)
市場監視は規則(EC)765/2008および修正規則(EU)2019/1020で行われます。
2.背景
電池規則の制定の背景は、「説明覚書」と「前文」に詳述されています。その基本はEUグリーンディールによるイニシアチブ(initiative 構想・戦略)で、Webページ“Have your say”(*2)で、関連情報や背景を説明しています。
電池規則のイニシアチブの影響評価開始文書(*3)では改正の政策オプションとして「産業界による自主規制」や「耐久性要件」や「原材料の調達基準」など5項目の組み合わせを提示し、意見を求めました。
フィードバック(意見)やその他の調査研究結果から法案が提出されました。
3.進捗状況
電池規則は、EUの機能に関する条約の第114条の「通常の立法手続」に従って「加盟国法の平準化条項」(国内法の基準の統一)で採択されます。EU加盟国およびEEA加盟国(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)は、現行廃電池指令と異なり加盟国同一基準で運用されます。
法案は議会、理事会による通常の立法手続の3読会で審議されます。2022年4月18日現在で、議会の第1読会(*4)が終わったところです。
修正意見を理事会が承諾すれば法案は採択され、議会と理事会の意見が一致しなければEU委員会は、修正案を提示し、第2読会、第3読会が行われます。
4.電池規則の他法令への影響
日本企業に影響が大きいのが、カーボンフットプリントやリサイクル由来材料の使用率などのデータをCEマーキングのモジュールA1を適用し、届出機関(NB)による第三者認証の対象になることです。
カーボンフットプリントは附属書IIに規定されています。2019年の共同研究センター(JRC)の報告書(*5)で推奨された「気候変動」のライフサイクル影響評価法の使用が要求され、結果の提供は「製品および組織のライフサイクル環境パフォーマンスを測定および伝達するための一般的な方法(委員会勧告2013/179/EU)」(*6)によるとされています。
委員会勧告2013/179/EUは環境フットプリント(EP)の手順で、EP影響領域の「気候変動」では、ベルンモデル(100年の期間にわたる地球温暖化係数(GWP))によるCO2換算値が要求されています。
EP影響領域は、「気候変動」以外に「オゾン層破壊」「ヒト毒性 - がんの影響」「資源の枯渇- 水」など14項目があります。項目間のトレードオフの関係、サプライチェーン間の情報伝達が今後の課題が想定されます。

電池規則はEUグリーンディールの先駆け規制で、今後は環境配慮関連法でカーボンフットプリントを含めた環境フットプリント規制が予測されます。 
<引用先>
*1:https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/ALL/?uri=COM%3a2020%3a798%3aFIN&msclkid=0411d97dbe1f11ec8c015a49c2a6474e 
*2:https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/have-your-say/initiatives_en?text=battery
*3:https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/have-your-say/initiatives/12399-Batteries-modernising-EU-rules_en
*4:https://www.europarl.europa.eu/doceo/document/TA-9-2022-0077_EN.html
*5:https://eplca.jrc.ec.europa.eu/permalink/PEF_method.pdf
*6:https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=CELEX%3A32013H0179